• 03-5439-9855東京
  • 06-6395-4430大阪

HSGレーザーP0637

ミニマムサイズ ファイバーレーザー金属切断機P0637

ファイバーレーザー 金属切断機

製品特長

  • ミニマムサイズ(L1190mmxW1650mm)の本格派 レーザー出力500W, 700W, 1,000W搭載
  • ステンレス、真鍮、アルミニウム等を、最大1mm~6mm切断可能
  • 各社で採用されているCypcut System を搭載
  • ビジネス・試作用途又は2台目として最適
  • リーズナブルなプライスで高性能ファイバーレーザーカッターがお手元に

資料請求はこちら

▶ 本機器は日本工作機械工業会 『生産性向上要件証明書』の発行が可能です。

  • 特長1
  • 特長2
  • 特長3
  • 特長4
  • 特長5

ミニマムサイズ(L1190mmxW1650mm)の本格派 レーザー出力500W, 700W, 1,000W

場所を選ばない最小サイズ・試作用途・2台目需要として最適

限られたスペースでも設置可能本格的レーザー発振器 P0637

高精度・本格派

金属のファイバーレーザー切断にさらにミニマムサイズで登場!

最大公差±0.01mmまでの精度が可能
最大公差0.01mmまでの精度が可能
パナソニック製 P0637
精度の高い位置・速度制御装置

IPG搭載、高精度ファイバーレーザー

IPG発振器搭載・高精度ファイバーレーザーで切断面も綺麗!

IPG搭載、高精度ファイバーレーザー

IPG Photonicsは、1990年に設立された高性能ファイバレーザ・増幅器メーカーです。ISO 9001:2008の認証を受けており品質基準に準拠しているという保証をお客様に示しています。

Cypcut System

各社共通で使用され高い汎用性、CNCシステム

Cypcut System

Cypcut System は、各社で共通で使用されており、汎用性の高いCNCシステムになります。

精度の求められる分野での加工事例

高精度なカッティング、電気部品や試作品などの用途で

加工事例

ファイバーレーザーだから、美しい切断面。生産現場を泣かせる「バリなきこと」が実現可能に。

プレス加工で発生しやすかった「バリ」「ダレ」
ファイバーレーザーなら「バリ」のない切断面

主な仕様

レーザー出力 500W / 700W / 1000W
加工エリア 600mm × 370mm × 40mm
最大加速度 0.3G
最大加工スピード 40m / min
繰り返し位置精度 ± 0.01mm
使用ガス 酸素、窒素
本体重量 800kg
本体(奥行 × 幅 × 高さ) 1190mm × 1650mm × 1850mm
電源仕様 電圧 / 周波数 380V※1 / 50HZ:60HZ※2
サーボモーター &ドライバー 台湾 / SANYO
ボールスクリュー &ガイダー 台湾 / HIWIN
レーザーソース IPGフォトニクス製
レーザーカッティングヘッド HSG Klinge
コントロールシステム Cypcut system
エレクトリック・システム 仏 Schneider
インダストリアル・コンピュータ DELL

※1 三相380Vになります。